ひよっこ第72話の感想・あらすじ「娘を想う気持ち」

このページは、朝ドラ「ひよっこ」の72話あらすじ感想についてお伝えしていきます。ひよっこの第72話のタイトルは「娘を想う気持ち」です。

 

ひよっこの71話のあらすじと感想で、みね子(有村架純)は省吾(佐々木蔵之介)の娘の由香(島崎遥香)に再度会いまたしても嫌な想いをするのでした。

 

その続きとなるひよっこ第72話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、あらすじからみていきながら、その続きとして後半に感想を書いていきたいと思います。

 



 

ひよっこ72話のあらすじ

鈴子(宮本信子)がすずふり亭の裏庭に一人でいるときに、柏木一郎(三宅裕司)が話かけます。鈴子は、全部焼けた戦争の時のことを思い出していたのです。

 

街がかわったことをしみじみと話す鈴子。戦争でたくさんのものなくして、みんながむしゃらに無くしたものを取り返すために無理して、そこでまたいろんなものをなくした。

 

食うに困らなくなって、豊かにはなくなったけど・・・何が残ったんだろう。私の戦争は終わっていない。まだずっと、借金を払っている気分。そんな話を一郎にする鈴子。

 

一方、省吾もみね子に戦争が終わって一緒に鈴子と店作って頑張ってきたことを話しました。そのうち省吾は、結婚して由香ができた。

 

しかし、妻の節子は無理して由香が10歳の時に亡くなったのだという。ずっとしんどそうにしているところを見せなかったから、気付かなかった、

 

それから、由香は省吾や鈴子のいうことを聞かなくなったのだという。鈴子と一郎は、今の赤坂のこの町を節子に見せたいというのでした。

 

鈴子は、節子は自分が殺してしまったようなものだから・・・。そういって涙を流したのでした。由香は、実はお金に困っているんではない。

 

時々、鈴子と省吾に迷惑をかけたくなるんだ。自分を忘れて欲しくないからだと幼馴染のヤスハル(古館雄太郎)が言っていたのだという。

 

省吾は、由香から母親を奪ったのは自分だと言い、元気そうにしていたかみね子に確認します。みね子は、元気にしていたと話すのでした。

 

みね子と省吾がいるところに、元治(やついいちろう)と秀俊(磯村勇斗)がやってきて笑いあったのでした。ひよっこ72話のあらすじはここまで。ひよっこ73話のあらすじにつづく。




ひよっこ72話の感想

ひよっこ72話は、省吾と鈴子が由香に対する想いを語るストーリーになっていましたね。でも、やっぱり思うのは父親ってなかなか娘に怒れないんですよね。

 

妻の節子が亡くなったからこそ、省吾がしっかりと怒らなければならないんですけどね。それができないってところが父親だなあって思いました。

 

これが母親が生き残っていたのだったら話が違うと思うんですけどね。息子のことをしっかりと怒れるようになると思うんです。その辺りが父親が一人でこども育てる難しさかなって思います。

 

由香が息子だったらまた話も違ってくるんでしょうけどね。それと、もう一つ言えることは店をやっていなかったら娘との関係はまた違ったものになっていたかもしれません。

 

どうしても、忙しくてそっち優先になってしまいますからね。こどもって、どこか気にかけてくれているかどうかで親を見ているところがありますので、それが原因のような気がします。

 

もちろん、きっかけは節子が亡くなったことなんでしょうけどね。しかし、鈴子があんなに弱気になっているのをはじめてみましたね。いつも明るく元気にみたいな人なので驚きました。

 

一郎にだからこそ、素直に話ができるのかもしれませんね。案外二人が結婚したりみたいなことになったりしいひんかな?なんて思ったり。

 

案外、お似合いのような気もするんですけどね。どうでしょうか。来週は、実(沢村一樹)のことがわかったりと楽しみですね。下記に来週のネタバレをリンクしていますので興味あればみてください。

ひよっこ13週ネタバレ「ビートルズがやって来る」

 

なんか、大きくひよっこのストーリーが動き出しそうな予感がしてきましたね。楽しみです。ひよっこ72話の感想はここまで。ひよっこ73話の感想につづく。




あなたにおススメのページ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)